The Moment Of The Moment II

2011-07-23 直指庵

イギリスよりの友人、おごしゅさんと嵯峨野をぶらり。
最初に訪れたのは直指庵(じきしあん)。

おごしゅさんは、撮りたい風景を前にして、じっくりとCompositionを練り、そのための適切なレンズを選び、Exposureを読む。
それら一連の動作をてきぱきとこなし、無駄打ちはしない。失敗や気に入らないものは削除する。
一枚一枚にかける集中力が素晴らしい。

e0214961_1918144.jpg
茅葺きの山門




e0214961_19181627.jpg
写経の間

e0214961_19181545.jpg
朝露光る

e0214961_19181586.jpg
光に包まれて

e0214961_19181464.jpg
Take a picture
[PR]
by shibazo-a7 | 2011-07-26 19:19 | 京都府 | Comments(8)
Commented by NAWO at 2011-07-26 19:56 x
朝露の直指庵。良いですねえ。
じっくり撮るって行為が似合う場所で時かもしれません。
外国の方の目には、直指庵がどう写るのか。それにも興味がそそられますね。
静けさの中の集中力ってのが、日本的で好きです。
Commented by intellistation-e at 2011-07-26 20:48
こんにちは!!

京都のご案内、お疲れさまでした。そして、ありがとうございました。
1枚の写真に欠ける集中力、大切にしたいものです。
これが銀塩なら自分ももう少し大事に撮るんだろうなぁ、と思いつつも、枚数制限があまりなく、1枚のコストが銀塩の比では無いデジタルカメラ、ついつい1枚を粗略にしてしまいます。
こういうときにこそ自分は銀塩カメラを持ち出すべきなのかも、とおごしゅさまの写真を撮る姿を拝見して感じました。
Commented by alpinism2 at 2011-07-26 22:18
私も行きたかったです~(^^)

じっくりと考えて大切に撮るって・・・
本当は当たり前の事なのですが、デジタルになってから雑になっている私。
おごしゅさんの撮り姿、キマッテますね!

とりあえす子供撮りは連写で許して下さい(^^ゞ
Commented by thallo at 2011-07-27 01:30
こんばんは。
こちらでも改めてお礼を言わせてね。先日は本当にありがとう。シバゾー君には2日間もお世話になってしまいましたね。私は最初から「地」でいってしまい笑ってばかりいましたが、有閑マダムでなくて本当に申し訳ない気持ちで一杯です。爆笑
ははは、私の撮影スタイルをすでに把握されている。。そうなんだよね、何度も言っていたけれど時間がかかる人なのです。「これがここに来て」と決めたら納得いくまでキチンとやってみたいの。。。だから土曜日のコースと時間配分は最高でした。
私も朝露を撮ったんだけど、直指庵ではないのよ。またアップしますね。(多分イギリスに戻ってからかな)
隠れて撮られていたか。。もう少し姿勢を正さねば。。反省でござる。。。
Commented by shibazo-a7 at 2011-07-27 23:07
>>NAWOさん
どうもありがとうございます。
やっぱり京都は朝一に限る。ウンウン。
朝の澄んだ空気の中でこそ、集中力が高まるってもんですなぁ。
おごしゅさんは、海外生活が長いとはいえ日本の方ですから、
きっとこういう純和風の風景は心にしみたのではないでしょうか。
Commented by shibazo-a7 at 2011-07-27 23:11
>>てりすてさん
どうもありがとうございます。
そうなんですよ、私もつい、適当に無駄打ちしてしまうので、彼女の写真に対する姿勢を目の当たりにして、
反省すべき点と見習うべき点を改めて思い知らされた感じがしています。
今度から、あえて小さいCFを使いましょうか。256MBくらいの(笑)
Commented by shibazo-a7 at 2011-07-27 23:13
>>alpinism2さん
どうもありがとうございます。
ですよね、やっぱり一枚一枚を大切にしないと、結局それなりのものしか撮れませんよね。
おごしゅさんとの撮影会は実に刺激的でした。
でも子供写真は連射・・・わかります(^_^;
Commented by shibazo-a7 at 2011-07-27 23:21
>>おごしゅ姉さん
こちらこそ、どうもありがとうございました。
姉さんがもしオホホマダムだったら一日つきあえなかったかもしれない。爆笑
いやでもホントに、姉さんの撮影スタイルは分かっていたので、
はじめからじっくりゆっくりとことんつきあうつもりでした。
でもあんなに遅くなるとは思わなかった(笑)
隠し撮りも、決めていたテーマでした。
僕の写真も、ブログで使えそうなのがあったら使ってくださいね。
顔が出ても全然OKです。

このシリーズ、一カ所一記事でしばらく続きます。
名前
URL
削除用パスワード