The Moment Of The Moment II

梅小路蒸気機関車館

e0214961_18115351.jpg
お召し列車


e0214961_1812856.jpg
間近で汽笛を聞きながら

e0214961_18153341.jpg
スチーム萌え

e0214961_18154966.jpg
陽気な機関士さん

e0214961_181620100.jpg
「圧倒的だな・・・」

e0214961_18174666.jpg
ターンテーブル

e0214961_18182721.jpg
出番を待つ
[PR]
by shibazo-a7 | 2011-11-11 18:25 | 京都府 | Comments(12)
Commented by MARIKO at 2011-11-11 18:43 x
うわ〜!かこいいですね!
点検?している方も渋くて1、3、5、7枚目が特に好みの写真です。
ってほとんどやん、って言われそうですけど(笑)
Commented by poppo at 2011-11-11 18:49 x
鉄モノ好き~w うちんとこじゃ、絶対撮れないものだしうらやましい^^
ジュニアの柔らかそうな髪の毛、可愛過ぎる~(≧▽≦)w
Commented by dejikaji at 2011-11-11 20:41
shibazo-a7さん、こんばんはです。
やはりここはいつ行っても好いですよね~♪(●^o^●)
ここの機関士さんはみなさん気さくな方が多いですよね、場外の公園の所でカメラ向けたりするとサービスで汽笛や蒸気のサービスしてくれますから。
長い事通ってるんですが、何故かターンテーブルが動いてる所だけは見た事がございません。
Commented by あき at 2011-11-11 21:34 x
こんばんは。
「元気の出る日」はお疲れさまでした。
楽しめた夜でしたね。

私は時々鉄子になるので、お写真に見入ってしまいました。
最近仕事の鬼になってました、忙しく出かけられないので
掲載のお写真で楽しませていただきました(^^)
Commented by alpinism2 at 2011-11-11 22:29
迫力のある、あの大きな汽笛の音が聞こえてきそうな写真!
あ~久しぶりに行ってみたくなりました(^^)
息子は半狂乱になって興奮しそうです♪
Commented by thallo at 2011-11-12 01:15
ガブリエル君、真剣だね~。なんだかとても大きくなったみたい。まだだっこはできるけれど重くなったかな、なんて叔母は思っております。
今日の写真もとてもかっこいいんだけど~。私はおじちゃんがこちらを向いて笑っているのがすきかな。しっかりどっしりの中に、人間の優しさが加えられたような素敵な空間だな、と思いました。
Commented by shibazo-a7 at 2011-11-12 23:47
>>MARIKOさん
どうもありがとう!
そんなにたくさん気に入ってくれて、あまりのうれしさにモニタが霞んで見えません(´;ω;`)ウッ…
Commented by shibazo-a7 at 2011-11-12 23:47
>>poppoさん
そうか~、そちらには鉄道が無いんですよね。
鉄な物、もう少しだけアップしますんで、よろしければお付き合いください。
Commented by shibazo-a7 at 2011-11-12 23:47
>>デジ鍛治さん
良いですよね~。鉄と油の匂いがたまりませんね。
ターンテーブル、見てないんですね。
子連れで行くとどうしても長時間滞在してしまうので、一日一回は見てますね。
最終のスチーム号が走り終えた後、車庫に入れるためにテーブルに載せるので、
その時間なら見られると思いますよ(おそらく(^_^;
Commented by shibazo-a7 at 2011-11-12 23:48
>>あきさん
ふふふ、鉄道は素敵ですよね~
ぼくは一時期、新幹線撮影にハマっている時期がありまして、
あの猛スピードで迫り来る列車をとらえる感覚はとてもゾクゾクします。
久しぶりに沿線撮影に行きたくなってきました(;´∀`)
Commented by shibazo-a7 at 2011-11-12 23:48
>>alpinism2さん
あの汽笛、結構遠くまで聞こえるんですよね。
あれを聞くたびに、蒸気機関車に会いたくなります。
是非、息子さんを連れて遊びに行ってみてください!
Commented by shibazo-a7 at 2011-11-12 23:48
>>おごしゅ姉さん
夏に抱っこしてもらったときより少し重くなったかな~。来年はどうだろうね?
蒸気機関車って、今の電車と全く違ってフルアナログなんで、
鉄の塊なんだけど、どこかぬくもりを感じる、そんな不思議な魅力がありますね。
名前
URL
削除用パスワード