The Moment Of The Moment II

梅小路蒸気機関車館 鉄のディテール

e0214961_18425098.jpg
C62の「C」は、動輪の数を表します。Cは三輪です。「62」は、何番目の蒸気機関車なのかを表します。




e0214961_18425790.jpg
巨大なボルト&ナット、そして割ピンがカッコいい。

e0214961_18425966.jpg

e0214961_1843127.jpg

e0214961_1843268.jpg

e0214961_1843369.jpg

e0214961_1843671.jpg

e0214961_1843872.jpg

[PR]
by shibazo-a7 | 2011-11-13 19:52 | 京都府 | Comments(12)
Commented by woodstove at 2011-11-13 20:57
鉄の味わいが強く感じられる画像ですね。
それも手入れの行き届いた機能部品。
好きです、この世界観。。。。。(^^ゞ
Commented by alpinism2 at 2011-11-13 21:15
この生きた鉄のカタマリ・・たまらんですね♪
内燃機加工業の目から見ても魅力満載なのです!!
Commented by pierre1228 at 2011-11-13 21:36
カッコイイですね!
SL見てるとモノづくりの原点を感じます
こういうパーツ撮り好きです
光の使い方もお見事
Commented by はねなし at 2011-11-14 10:50 x
かっこいい
組で見せてもらっての第一声は
こいつ うごくぞ
です(笑)
割ピンとか、前の仕事で携わっていたアメリカのトレーラーと雰囲気が似ています。

何かわからない(自爆)7枚目のオイリー感が一番好きです。
Commented by thallo at 2011-11-14 19:59
へ~、そうなのかぁ、と説明を読みながら勉強しました。かっこいい鉄道系写真、シバゾー君は本当に上手に撮るね~。好きなモノだから更に!かな。私は、光と影の両方存在する写真がとてもかっこいいと思ったよ。
↑鉄の職業の方がいらっしゃいました。一番ノリ、さすがのしょうちゃん。
Commented by kinnnikumans at 2011-11-14 20:53
シバゾーさんこんばんは!!
わ~~~私もここ行きました!!!
シバゾーさんのお写真に、、びっくりです。カッコイイです。。。
アップで見ると・・・一つ一つの部品も素晴らしい被写体に
なるのですね。じーん。匠の技ですね。。じーん。
シバゾーさんの所にその時の記事、、
トラックバックを送ってみます!
(あ、ご迷惑だったら教えて下さいね!!はい!(^^))
Commented by shibazo-a7 at 2011-11-15 23:48
>>しょうすけさん
鉄の塊、もうタマランですな。
それに携わる人も職人。まさに男の世界。女の人もいたけど。
Commented by shibazo-a7 at 2011-11-15 23:48
>>alpinism2さん
生きた鉄・・・すばらしい表現です!
そうですね、こやつらは命を持っています。
この先、いつまでも伝えたい、命です。
Commented by shibazo-a7 at 2011-11-15 23:49
>>pierreさん
まさしくハンドメイド!手作りの世界観ですな。
見れば見るほど魅せられて。
逞しくて美しいですね。
Commented by shibazo-a7 at 2011-11-15 23:49
>>はねなしさん
エネルギーゲインは5倍以上ですね分かります。
アメリカのトレーラーですか、それもダイナミックそうですな。
オイリー感、もっと滴っているのもあったのですが、構成上カットしました(^_^;
Commented by shibazo-a7 at 2011-11-15 23:49
>>おごしゅねえさん
あは、もっと詳しく書けば良かった。
ちなみに、有名なD51(デゴイチ)は、動輪の数が四つの、51番目の蒸気機関車です。
Commented by shibazo-a7 at 2011-11-15 23:49
>>ジャックさん
TBありがとうございました。
とっても楽しそうな記事で、梅小路を満喫してくれはったんやなぁと思いました。
アップで見ると・・・そうなんですよ、ボルトとかナットとかバルブとか、
パーツ単位で見てもとても美しいんですよ。
無駄な部分が一切無い。まさに機能美。
名前
URL
削除用パスワード