The Moment Of The Moment II

桂離宮

桂離宮は、17世紀の初めから中頃までに、八条宮初代智仁親王と二代智忠親王によって造られたもので、日本庭園として最高の名園といわれています。

こちらも宮内庁管轄になりますので、要事前申し込み。案内人と皇宮警察官の引率での見学になります。
担当して下さった案内人の方がとても面白いおっちゃんで、とにかくしゃべるしゃべる(笑)
随所で笑いをとってくれたりして、終始和やかな雰囲気でした。
皇宮警察官も、姿が見えないくらい適度な距離を保って下さったので、プレッシャーも感じませんでした。

桂離宮「住吉の松」
訪問者に対し、松で景色を隠してチラ見せすることで期待を高めている。

桂離宮「桂離宮正門」
特別な時以外は、この門が開かれることはない。

R0020136.jpg「州浜」
黒く扁平な石が敷き詰められ、池に突き出しています。
先端に灯籠を据えて岬の灯台に見立てて海を演出しています。
その先の中島と石橋のつながりは、天橋立に見立てたものだそうです。

桂離宮「松琴亭」
桂離宮で最も格の高い茅葺入母屋造りの茶室です。

桂離宮創建当時は、東に比叡山、西に愛宕山、嵐山の桜までもが見渡せたそうです。
現在は、まわりを住宅地に囲まれているため、目隠しのために木々を高くしています。

桂離宮桂離宮の中枢、高床式の書院です。内部は非公開。
桂川の氾濫に備えて高床式になってまいす。

桂離宮「月見台」
月を観賞するために、古書院二の間の正面に突き出すように作られています。
苑内の主要な景観が一望できるそうです。

桂離宮書院の玄関である「御輿寄」へ通ずる、切り石を敷き詰めた延段。
手前から奥に向かって少しずつ小さく作られており、奥行感を演出しています。

傘を差しながらの撮影でしたので、片手で撮れるように軽量な単焦点レンズとコンデジを使いました。
晴れた日にまた行きたいです。あのおっちゃんの説明なら、カメラ無しでも良いかな。
尚、こちらのオススメの時期はやはり秋だそうです。抽選倍率もかなりのものだそうですが。。。

[PR]
by shibazo-a7 | 2013-06-21 20:28 | 京都府 | Comments(8)
Commented by dejikaji at 2013-06-21 20:41
shibazo-a7さん、こんばんはです。
やった~!予想大正解でしたね(^_^)v
ここ好いですね~!テレビでしか見た事ございませんが、個人的に修学院より、こちらの方が好みですね。
しっっとりと深みのある庭の木々の折り重なりが見せる、重厚な雰囲気が堪りません♪
ええもん見せてもらいました。
Commented by Aqua_blueY at 2013-06-22 07:44
シバゾーさん、いつものしっぶい裏シバゾーとは違い
今回の写真は正統派
そしてとても美しい~~!
Commented by g7_2007 at 2013-06-23 18:34
う〜ん、このしっとり感がたまりませんね〜
やっぱり秋が競争倍率高いのですね。
でも、こちらの写真を拝見したら、秋よりもこの時期のほうが断然渋くていいように思いましたよ...
Commented by shibazo-a7 at 2013-06-23 19:35
>>デジ鍛治さん
ご名答~( ゚Д゚ノノ"☆パチパチパチパチ
僕も、修学院離宮よりこっちの方が良いと思いました。作り込みが凄すぎますよ。
説明のおっちゃんもええ人やったし。いつもこの人とは限りませんけど(^_^;
デジ鍛治さんも是非!
Commented by shibazo-a7 at 2013-06-23 19:37
>>aquaさん
いつも路地裏ばかり歩いてる訳じゃなく、こういう綺麗なところにも行きます。(笑)
めっちゃ綺麗なところでしたよ。次回の帰国の際には是非!
Commented by shibazo-a7 at 2013-06-23 19:38
>>g7_2007さん
モミジが多かったので、秋は綺麗でしょうな~。
ダメ元で申し込んでみようかな~(^_^;
Commented by hari at 2013-06-24 10:53 x
学生の頃に一度行ったきり。。 
懐かしい。。 そしてしっとり感が素敵。。
私ももう一度行ってみようかなーw>昔と違う意味で撮りまくるのだろうけど(笑
Commented by shibazo-a7 at 2013-06-25 19:50
>>hariさん
おお、学生の頃に行かれたのですね!庭園とか建築のお勉強に行ったのかな?
若い頃とはまた感じ方が違うと思うから、機会があればまた行ってみてね。
写真撮りまくりは同意です。でも針穴は無理だよ~(笑)
名前
URL
削除用パスワード